ニンテンドースイッチのゲームカードが苦い件に任天堂が回答

ニンテンドースイッチのゲームカードが苦いという噂を聞いて、始めは意味がサッパリわかりませんでした。
最近のゲームは遂にVRで味を感じる事が出来るようになったのか!とか思ってみたり(笑)

実際はVRじゃなくて、本当にゲームカードに味が付いていて、口にすると苦い味がするそうです。
任天堂のHPの中のサポート情報Q&A(よくあるご質問と回答)を見ると、こんなQAがありました。

Q.ゲームカードをさわった手をなめたら、苦い変な味がしました。健康に害はありませんか?
A.健康に害はありませんのでご安心ください。
  Nintendo Switchのゲームカードには、苦み成分(デナトニウムベンゾエイト)が塗られています。

つまりは、子供がゲームカードを口に入れた時に誤って飲み込まないように、吐き出したくなるぐらい苦い味が付いているという事らしいですね。

ところで、この「デナトニウムベンゾエイト」っていう物質、同じく誤飲防止でmicroSDカードとかにも塗られているそうです。
デナトニウムベンゾエイトはかなりの刺激で後ひく苦味が特徴とう事。手元にmicroSDカードがありますが口にするのはやめておきますw


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です